エネルギーシンポジウムの開催ご案内 
更新日:2016/11/09

12月11日開催の「エネルギーシンポジウム〜原子力発電所の40年超運転について考える〜」の申し込み受付中です。詳しくは「講演会・イベント情報」の入口からアクセス下さい。



  海外視察研修会レポート 
更新日:2016/09/27

本日福井新聞に掲載されました、海外視察研修会レポート 第9号をホームページに掲載しました。

トップページ下部のバナーからご覧ください。



  タイムリーな話題や記事を紹介する「環境・エネルギーコラム」を掲載しました 
更新日:2011/08/02

トップページのPDFより閲覧できます。

1.近代化産業遺産を巡る
  「はたや記念館 ゆめおーれ勝山」 (2.5MB)

2.オリジナル寄稿
  「江戸に学ぶエコ社会。」 (3.5MB)

3.ふくいエネルギー施設レポート
  「仏原ダムを訪ねて」 (2.1MB)



  満員御礼!  親子環境・エネルギーセミナー「いっこく堂&ガリレオ工房滝川先生と一緒に学ぶクリスマスのつどい 
更新日:2010/12/11

 多数のご応募ありがとうございました。
(12月10日(金)に応募を締め切らせていただきました。)

             (追加公演と抽選のご案内)

 このたびは、福井県環境・エネルギー懇話会が主催します「親子環境・エネルギーセミナー」(平成22年12月23日(木・祝)14:00〜16:00)へ収容人員(2000人)を大きく上回る12,939名(12月9日現在)の方々からお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。

 多くの方にご参加の機会をもっていただくために、「午前の部」(10:00〜12:00)の公演を追加させていただきました。午前・午後を合せて4,000名の方を抽選により決めてさせていただきましたので、ご案内申し上げます。

 後日、立会人同席のもと厳正な抽選を行い、当選された方へは「入場整理券引き換えハガキ」を、残念ながら当選されなかった方へはその旨を記載したハガキを、それぞれ申し込み代表者宛に送らせていただきましたので、よろしくお願い申し上げます。

 今後とも、当懇話会にご支援を賜りますようお願い申し上げます。



  APECエネルギー大臣会合 歓迎ボード設置 
更新日:2010/06/14

 APECエネルギー大臣会合の開催を間近に控え、同会合の理解促進と開催機運の醸成に向け、歓迎レセプションの会場となる福井商工会議所ビルに歓迎ボードを設置しました。

設置期間:平成22年6月11日(金)〜20日(日)
設置場所:福井商工会議所ビル 3箇所

      1. 1階正面玄関前の柱部分
         柱巻き歓迎ボード

      2. 1階に西口出入り口横の排気塔部分
         柱巻き歓迎ボード

      3. B1階ロビー内エスカレーター降り口前部分
         硝子手すり歓迎ボード

福井県環境・エネルギー懇話会 0776-33-7050 (担当:西)



  「APECエネルギー大臣会合福井開催記念ギャラリー展」開催 
更新日:2010/06/09

 福井県環境・エネルギー懇話会では、開催をまじかに控えたAPECエネルギー大臣会合への理解促進と開催機運の醸成、および次世代層へのエネルギー・環境教育の支援のため、本会合前日の歓迎レセプション会場となる福井商工会議所ビルにて、ギャラリー展を開催しています。

 展示期間:平成22年6月1日〜20日
 展示場所:福井商工会議所ビル 1階ギャラリー(正面玄関入って右)
 展示内容:1.APECエネルギー大臣会合開催に向けての関係者メッセージ
        直嶋経済産業大臣、西川知事、川田会長、
        天野IAEA事務局長、田中IEA事務局長

      2.福井県のエネルギー事情

      3.県内中学生によるAPECエネルギー新聞
        (参加中学校)明倫、上志比、坂井、上庄、中央、
               武生第二、気比、西浦、美浜、上中中学校

 主  催:福井県環境・エネルギー懇話会
      (協力:2010年日本APECエネルギー大臣会合福井開催推進協議会)

福井県環境・エネルギー懇話会
  電話:0776-33-7050



  「出前授業・施設見学会」のお申込フォームを作成しました 
更新日:2010/04/28

 当会では毎年継続して、学校における環境・エネルギー教育の支援に取り組んできております。
「出前授業」「視察見学会」などのお申込がしやすいように、お申込フォームを下の ○環境・エネルギー教育のページに掲載しましたので、ご利用ください。
 なお、支援内容につきましては、同ページの「出前授業・施設見学会資料」をご覧下さい。(県内の小中学校、高等学校には、「環境・エネルギー教育支援事業のご案内」パンフレットも配布しております。)



  「出前授業・施設見学会」のお申込フォームを作成しました 
更新日:2010/04/28

 当会では毎年継続して、学校における環境・エネルギー教育の支援に取り組んできております。
「出前授業」「視察見学会」などのお申込がしやすいように、お申込フォームを下の ○環境・エネルギー教育のページに掲載しましたので、ご利用ください。
 なお、支援内容につきましては、同ページの「出前授業・施設見学会資料」をご覧下さい。(県内の小中学校、高等学校には、「環境・エネルギー教育支援事業のご案内」パンフレットも配布しております。)



  「知っておきたい福井県のエネルギー」を発刊 
更新日:2008/05/28

福井県環境・エネルギー懇話会の設立10周年を記念して、平成17年11月に発刊した「福井県のエネルギー」を大幅に改訂、県内のエネルギー消費の実態や県民のための地球温暖化対策などを新たに加え、「知っておきたい福井県のエネルギー」として発刊し、福井県内の小・中・高等学校、大学、図書館等に配布いたしました。
なお、PDF版は当ホームページにて閲覧・ダウンロードが可能です。
※トップページ右上にある「知っておきたい福井県のエネルギー」をクリックしてください。

冊子版を希望される方は、当懇話会(TEL0776-33-7050)へご連絡ください。



  2007年エネルギーフォーラム in 敦賀 
更新日:2007/10/26

「2007年エネルギーフォーラム in 敦賀」開催

テーマ:「地震と原子力」 〜日本が原子力は地震に耐えられるのか!〜
と き:11月28日(水)14:00〜16:30
ところ:敦賀市 プラザ萬象 大ホール(敦賀市東洋町)


パネルディスカッション
  パネリスト 経済産業省原子力安全・保安院審議官 平岡 英治 氏

        大阪大学名誉教授 宮? 慶次 氏

        京都大学原子炉実験所 
        付属安全原子力システム研究センター教授 釜江 克宏 氏

        全国原子力発電所所在市町村協議会 会長
        敦賀市長                河瀬 一治 氏

  コーディネーター 元読売新聞論説委員  中村 政雄 氏

(お問合せ・お申込)
福井県原子力平和利用協議会
 電話 0770-24-5450 FAX 0770-24-5451 



  福井大学市民公開シンポジウム 
更新日:2007/10/19

 「福井大学市民公開シンポジウム」 参加者募集!!

日  時:10月27日(土)午後1時半〜4時

会  場:福井大学 アカデミーホール(文京キャンパス)

基調講演:国際連合大学副学長 安井 至 氏
     「地球温暖化は本当に防げるのか!?」

パネルディスカッション
      「安井先生に問う・・・地球温暖化は真実か?
                エネルギー問題を解決するには?
                今、私たちがなすべきことは?}など

申込方法:当日、受付で申し込んでください。


問合せ先:福井大学環境整備課 0776-23-0500(代表)



  木質バイオマスエネルギー利用施設と地層研究施設視察 
更新日:2007/08/29

 地球温暖化問題の対策としてCO2を排出しない新エネルギーや原子力エネルギーの寄与が期待されている。当会では木質バイオマスエネルギー利用施設「森の発電所」と原子力発電から発生する高レベル放射性廃棄物の処分の基盤となる地層化学研究を進めている東濃地科学センター「瑞浪超深地層研究所」の視察見学会を実施します。

  日 時  平成19年9月20日(木)
  
  日 程   8:00 JR福井駅東口発
            (武生IC 8:25頃、敦賀IC 8:50頃に途中停車)
       10:30〜12:00 瑞浪超深地層研究所 視察
       12:00〜14:00 昼食、バス移動
       14:00〜16:00 森の発電所 視察
            (敦賀IC 18:30頃、武生IC 19:05頃に途中停車)

       19:30 JR福井駅東口着

  参加費  お一人 3,000円(ただし、当会の会員のみ)

  定 員  30名(店員になり次第締め切らせていただきます。

  申込方法 担当まで、ご連絡下さい。申込用紙を送付いたします。

福井県環境・エネルギー懇話会
 担当:長谷川 0776-33-7050  



  先生方を対象にした 環境・エネルギー視察研修会開催 
更新日:2007/07/04

 新エネルギーの先進事例都市「京丹後市」と原子力発電所の視察を企画しました。先生方に是非、参加していただき環境・エネルギー教育に役立てていただきたい。

 開催日:平成19年7月30日(月)〜31日(火)(1泊2日)
 主 催:福井県環境・エネルギー懇話会 
 後 援:福井県教育委員会
 内 容:30日 福井駅東口発(9:00)
        京都エコエネルギープロジェクト事業視察
        京丹後市泊
     31日 関西電力大飯発電所視察
        福井駅東口着(17:00頃)
 参加費:3000円/人(宿泊・食事代込み)
 定 員:20名(定員になり次第、締め切ります)
 申込方法:電話で、お問い合わせ下さい。

福井県環境・エネルギー懇話会 電話 0776-33-7050



  エネルギーフォーラム in 敦賀高校 開催報告 
更新日:2007/03/22

 次世代を担う高校生にエネルギー問題への理解を深めてもらうため、敦賀高校の生徒700名余りを対象としたフォーラムを10月18日に、敦賀市文化センターで開催した。フォーラムは、女優・声優の大山のぶ代氏に「地球にやさしいくらし方」と題する基調講演をいただいた後、同校生徒・教諭らを交えてパネルディスカッションを行なった。パネルディスカッションでは、冒頭、電力中央研究所の新田義孝氏による問題提起の後、コーディネーターの京都教育大学教授 山下宏文氏の進行により意見交換。パネルディスカッションには新田氏と若狭湾エネルギー研究センター常務理事の来馬克美氏がオブザーバーとして参加した。高校生パネラーからは「省エネへの意識と原子力への正しい知識をもつべき」などの意見が出されていた。



  エネルギーフォーラム in 福井大学 開催報告 
更新日:2007/03/22

 福井大学の大学生等を対象に「エネルギー・環境フォーラムin福井大学」を福井大学にて11月26日に開催した。一般参加者も含めて約150名が参加した。
フォーラムは二部構成で行なれ、第一部では「逼迫するエネルギー、逼迫する環境」をテーマに、エネルギー政策研究所長の神田啓治氏が世界各国のエネルギー政策等について講演した。
第二部では、千葉大学教育学部特命教授の木場弘子氏をコーディネーターに迎え、パネルディスカッションを行った。同大の大学院生、教授がパネラーとして参加し、原子力工学やエネルギー教育などをテーマに活発なやり取りが行なわれた。



  エネルギー環境教育セミナー 開催報告 
更新日:2007/03/22

 福井商工会議所コンベンションホールにて、教育関係者の方を対象にエネルギー・環境教育セミナーを11月15日に開催した。県内の小中学校教職員を中心に約90名が参加した。
「エネルギー・環境教育の教育的意義」と題して広島大学大学院教授の角屋重樹氏が講演した後、全国の学校で出前授業を実施している(財)電力中央研究所の吉光司氏が「電気のしくみを知る手作り実験」をテーマに実践講座を実施。
その後、参加者が10人ずつのテーブルに分かれて、エネルギー教育について意見交換した後、京都教育大学の山下教授をコーディネーターに迎えてパネルディスカッションを実施。山下教授はテーブル討議で出てきた質問・意見にパネラーの角屋教授、吉光氏に答えていただく形で進行され、充実したセミナーとなった。



  話題の一冊「ガイアの復讐」プレゼント 
更新日:2007/01/30

 ジェームズ・ラブロック博士の「ガイアの復讐」が世界的反響を呼んでいる。
 地球は生物も非生物も含めた総合システムであり、温度や化学組成などを自己調節・維持しているとみなす「ガイア理論」の提唱者が、地球の現状を分析し、再生への処方箋を探る。人類はもはや「持続可能な開発」などしている時間的余裕はなく、「持続可能な撤退」に向けて行動すべきだと主張している。
 この話題の一冊を会員の皆様(先着10名様)にプレゼントいたします。
ご希望の方は、当会までご連絡ください。

福井県環境・エネルギー懇話会
電話 0776-33-7050
担当 本多



  会報33号掲載 
更新日:2007/01/29

 当会の会報紙33号を、掲載しました。
内容は、会報「E&Eレポート」欄をご覧ください。



  「びわ湖環境ビジネスメッセ 2006」 10月開催 
更新日:2006/09/13

 〜過去最多の260企業・団体が出展!〜

 9回目を迎える環境産業の総合見本市「びわ湖環境ビジネスメッセ2006」が、
10月25日(水)から開催されます。
 今年の出展企業・団体数は、過去最多の260です。特に今年は、インキュベーション施設入居企業が集結した「インキュベーション特設ゾーン」や近畿経済産業局の産業クラスターの一環として、環境ビジネス創出に向けて様々な取組を紹介する「環境ビジネスKANSAIプロジェクト特設ゾーン」が設置されるなど、活気溢れる見本市が展開されます。
 また、会期中、会場周辺で環境に関連した多彩なシンポジウムやセミナーが併催され、特に、学生ベンチャーの草分けと呼ばれる?堀場製作所最高顧問、堀場雅夫氏による講演や「環境マネジメントシステムセミナー」、「環境ビジネス成功へのセミナー」など、今注目されている様々なテーマを取り上げ、環境情報の発信・交流が図られます。

 ■開催日:10月25日(水)〜27日(金) 10時〜17時(最終日は16時まで) 
 ■会 場:滋賀県立長浜ドーム(JR琵琶湖線田村駅から徒歩5分)
 ■入場料:見本市・セミナーとも無料
   詳しくは、ホームページをご覧いただくか、
滋賀環境ビジネスメッセ実行委員会事務局までお問い合わせ下さい。
    

滋賀環境ビジネスメッセ実行委員会事務局
 ■滋賀県商工観光労働部新産業振興課
     TEL:077-528-3793
 ■社団法人滋賀経済産業協会
     http://www.biwako-messe.com/



  敦賀「原子力」夏の大学が開催されます 
更新日:2006/07/26

主催(財)若狭湾エネルギー研究センター

平成17年3月に福井県が策定した「エネルギー研究開発拠点化計画」に基づき、人材の育成を図る一環として、県内、関西・中京圏等の大学生等を対象に原子力への理解を深め、将来を担う原子力技術者を養成するとともに、大学間の連携を促進するために、今回、『敦賀「原子力」夏の大学』を開催することとなりました。

概要

開催時期:平成18年9月11日(月)〜15日(金)
開催場所:福井県若狭湾エネルギー研究センター、日本原子力研究開発機構 他
対 象 者:福井県内、関西・中京圏等の大学で原子力を学んでいる学生等
     【定員30名】

共催: 福井大学、福井工業大学、(独)日本原子力研究開発機構
     福井県環境・エネルギー懇話会、関西原子力懇談会、
     関西電力(株)、日本原子力発電(株)、(株)原子力安全システム研究所

後援 福井県、敦賀市

詳しくはこちらをご覧ください



  平成18年度 環境・エネルギー教育支援事業受付中 
更新日:2006/06/22

 今や環境とエネルギー問題を考えて生活していくことは、不可欠になってきています。これからの時代を担う子供達にも、将来の自分たちエネルギーをどう選択するか、誤りのない判断ができるようにすることがわれわれの使命だと考えています。
本年度も引き続き学校における環境・エネルギー教育の支援・助成に取り組んでいきますので、是非ご活用ください。

1.環境・エネルギー教育の出前授業
   ・環境・エネルギー学習内容に合わせた専門家の派遣
   ・パネル、模型、実験装置、実験材料の準備

2.生徒の原子力関連施設の見学会
   福井県内および石川県内の原子力発電所や発電所に隣接するPR館など、
   原子力関連施設と学校行事の遠足、社会見学、工場見学など組み合わせ
   て頂き、見学会を実施

3.環境・エネルギーに関する情報提供
   ・学習に利用する環境やエネルギーに関するデータ、資料、
    福井県の産業・経済に関する資料の提供
   ・学校用補助教材として、副読本、資料・パネル、ビデオ・パソコンソフトの
    所在情報の提供

 

*「環境・エネルギー教育支援事業のご案内」パンフレットを作成しました。
  詳細はそちらをご覧下さい。送付いたします。

  電話0776-33-7050 担当:長谷川



Copyright(c) FUKUI-KAN-ENE All Rights Reserved.